スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

At Seventeen / Janis Ian (1975)



『17才の頃』 ジャニス・イアン 


17歳で現実を知った

愛されるのは ミスコンに出るような娘や
曇りのない笑顔の女学生
そんな娘たちは 
さっさと片付いて行った

私にはバレンタインも
週末のパーティーも縁がなかった

それは見栄えする娘たちのもの
17歳で現実を知ってしまった

見た目が悪くて
私みたいな冴えない娘は 引きこもる

恋人から ダンスの誘いの電話で
きわどいお喋り
空想に耽る17才の頃          

名前は知らないけど
お下がりを着た茶色い目をした女の子が言った

 “誰かに尽くしても
     得られるのは身の丈に合ったものだけ”           

地元のお金持ちのお嬢さまは
理想の結婚をして
何不自由ない生活を送り
老後も安泰           

誰がゲームに勝つのかを憶えておいて
経済力や世間体が大事な見栄っ張りは
手に入れた愛を失うことになる

狭い世間しか知らないから
しっぺ返しに驚くのよ
まだ17歳なのに 
そんなことこだわるなんて           

バレンタインも
バスケットの試合にも縁がなかった
胸の痛みを知ってる私みたいな娘たち           

それはもう遠い昔のこと
もっと未熟な世界のこと
私みたいなパッとしない娘は
夢見ることで自由になれた        

誰だってゲームをしてる
孤独を忘れる為のひとり遊び

別の人生を空想してみる
恋人から電話が来て
ダンスに誘われて
きわどいお喋り

私みたいに冴えない娘たち 17才の頃







スポンサーサイト

theme : 洋楽歌詞対訳
genre : 音楽

line
プロフィール

shoppgirl

Author:shoppgirl
『オバ酸化防止』

時々勝手な邦題をつけて
意訳を綴っています。

line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。